03-114 京都奉行琉球人関係文書ほか一括 8万円 [売却]

03-114 京都奉行琉球人関係文書01 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号

角倉与市は嵯峨本の出版で名高い素庵(寛永九年没)のこと。京都御奉行所は京都所司代を指す。琉球人は薩摩藩が行った琉球侵攻(慶長十四年酉五月)の事後処理として寛永十一年から始まる琉球使節の打ち合わせに来朝したものであろう。酉二月は元和七年となる

03-114 京都奉行琉球人関係文書01 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号

03-114 京都奉行琉球人関係文書01 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号

03-114 京都奉行琉球人関係文書02 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号

03-114 京都奉行琉球人関係文書02 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。