尾張大納言徳川茂徳 書状案(03-090/26113)

¥80,000

説明

徳川茂徳(もちなが 天保二年~明治十七年)は、幕末の高須藩の第十一代藩主、尾張藩第十五代藩主、一橋徳川家第十代当主。高須藩時代は松平義比(よしちか)、尾張藩時代は徳川茂徳、一橋家時代は徳川 茂栄(もちはる)を名乗る。正二位、法号は顕樹院殿 藤井隆氏旧蔵品 21×57cm

03-090 尾張大納言徳川茂徳 書状案 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号

03-090 尾張大納言徳川茂徳 書状案 in 臥遊堂沽価書目「所好」三号